夕陽妄語3

『夕陽妄語(せきようもうご)3 2001-2008』(加藤周一著、ちくま文庫)を読みました。夕陽妄語3

私にとってはどんなにリスペクトしようとしきれないような「知の巨人」。04年には9人の呼びかけ人の一人として「九条の会」を立ち上げ、その後、9条改憲を許さない講演・啓蒙活動にまい進していたように思います。

08年12月5日に89歳で亡くなりました。もう8年になりますが、とくに政治的・社会的問題が発生するたびに、私などは、“加藤さんならこの問題にどんな表現で立ち向かうのだろう”と思うことがしばしばです。

「夕陽妄語」は「朝日新聞」に1984年7月から月に一度の連載として始まり、2008年7月まで285回、加藤さんの表現で書き綴った文章で、その最終巻が本書です。夕陽妄語3カバー

解説の小川和也氏が書いています。「『夕陽妄語』の一方の軸には、友人の死や、感覚的経験など、かけがえのない人生の一回性に関わる随筆があり、一方の軸には、その一回性を超えて進む歴史や政治、あるいは、人間や芸術・文化を破壊する戦争に対する意見・抗議がある。その二つの軸が交わっているのが、『夕陽妄語』である…『夕陽妄語』を読むことは、現代という時代と人間を読むことである」。

私が言わんとすること(?)そのものです。


午前6時前の散歩/小林研一郎さん

台風9号の影響により、きのう夕刻からはいわき市全域に「土砂災害警戒情報」や「避難準備情報」、一部地域に「避難勧告」が出されました。DSC02847ここ高台の住宅街ではすごい風も吹きましたが、大きな目立った被害はなかったようです。DSC02860

けさは6時前にその様子も確認しようと早めの散歩。DSC02861午後7時からは、BS朝日で放映された「はじめてのクラシック」をたまたま見る機会を得ました。 その前の番組を見ていたら、CMでそのことを知りました。DSC02917

指揮者が小林研一郎さん。 小林さんは、私が生まれた年に、私の母校でもある福島県立磐城(いわき)高校を卒業した、地元の大先輩です。DSC02909

それに、私が中学生のブラスバンド部に所属していた時、市内中学校から選抜部員が集まった研修会があり、小林さんの指揮で「運命」の出だしを演奏したことがあります。 不思議なことに、中学の音楽顧問の先生の指揮ではなかなか合わないのに、小林さんの指揮ではバッチリと合ったのです。 そんな思い出があります。40年以上も前の話です。DSC02887


「医療・介護改悪一気」/現場から、地域から、基礎自治体から打ち返す

けさの「しんぶん赤旗」1面トップに「安倍政権狙う 医療・介護改悪一気」。160822ハタとペロ2国民が権力を縛る最高規範としての日本国憲法は、25条2項で、社会保障の「向上及び増進」を命じています。

実際には、歴代自民党政府のもと、その正反対の「低下及び減退」、つまり憲法違反の政策が堂々とまかり通っています。160822ハタ・医療介護

医療や介護など、その制度に日常、身近に「お世話」にならない人びとは、「低下及び減退」には気づきませんから、いつのまにか目の前にある制度が現実です。その「現実」から見ると、不公平に見えることがあり、ここに、権力の「公平」の理屈がまかり通る余地があります。

次つぎと「低下及び減退」という憲法違反をおかしておいて、その「低下及び減退」させたものを「基準」に「公平」を言い募る。160513ハタ・社保削減 (2)権力による 洗脳の常とう手段なのかもしれません。現場から、地域から、基礎自治体から、打ち返さなればなりません。


散歩

DSC02799きのうの天気予報では弱い雨が降り続くように受け止めていたところ、朝からそんな気配もないので散歩に出ました。DSC02790きょうは家から西へ向かい、2丁目南部の周回コース。陽ざしはあるものの、風が心地よい。DSC02787きょう初めて気づいたのが「第一児童公園」。前に「第二児童公園」の放射線量掲示板はすぐにわかったので、「第一はどこだ」とこちらの散歩のときには意識的に探っていました。DSC02794そしたら、一つの公園の北側が「第二」で、南側が「第一」でした。設置すべき公園などの面積の関係なのでしょうか?2丁目2児確かに、以前に確認した放射線量掲示板には、左半分(南側)に数値は入っていません。DSC027952丁目住宅街の南側が中央台飯野1丁目住宅街です。


楽寿会役員会/明晰と記憶外の母/海岸通り

浜通り医療生協の理事会や委員会などへの出席に続き、社会生活復帰の第二歩、というわけではありませんが、社会福祉法人・楽寿会の役員会に参加しました。入院前以来です。160820楽寿荘

2年間の役員任期が今月末で、引き続き、2年間の役員を委嘱されました。社会福祉法の一部改定による社会福祉法人制度改革があり、その対応が求められるため、今年度中に定款変更や必要な委員選任などの作業があります。160820母入所中の母にもあってきました。きょうは「長谷部淳のことを忘れるわけがないでしょうよ」と明晰。が、2週間ちょっと前に来たことは記憶外。160820みずほの森

家には海岸沿いの道(県道豊間四倉[とよま・よつくら]線)を通って帰ります。防災緑地はいいとして、海岸堤防によって道から海はいっさい見えません。


原発事故の収まりがつきません

原発震災から5年5か月経ても、事故の収まりがつきません。160819民友・汚染水

原発敷地内の汚染水がどうなっているのか、手つかずのまま当面残されるのは1~3号機原子炉建屋内の6000トン汚染水だけなのでしょうか?160819民友・韓国

【ソウル共同】発のニュースは、福島県産品の風評払しょくに前向きにとりくむ姿勢を示した駐日韓国大使の発言をめぐって。

いずれもけさの地元紙・福島民友から。


「貧困とセックス」/日本社会の真実に向き合う

『貧困とセックス』(中村淳彦・鈴木大介著、イースト新書)を読みました。貧困とセックス

対談している2人は、「コンビニの片隅に置いてある実話話や男性娯楽誌出身のライター」。中村氏は「性風俗、AV、介護業界側」、鈴木氏は「犯罪加害者周辺」から取材を続けているそうですが、2人が「取材してきたのは、支援者にもつながることができず、みずからがなんの被害者であるかも認識できず、苦しいと言えない、声に出す能力すらないというなかでもがき続けている貧困者だった」。貧困とセックスカバー「裏社会」のリアルが読む側に迫るのですが、2人の「日常の取材が勝手に『貧困問題』になっていった」。 2人から出てくる言葉は「結論としては、法人税の累進課税を強化するか、資本家に富が集約しないシステムをつくることと、それを国が再分配すること」。貧困とセックスオビ裏アンダー・グラウンドとか裏社会とかと言われる世界にごく普通の人が入っていかざるを得ないとも思われる、 日本社会の内実・真実に向かい合うためにも、目をそらせません。


あらゆる時間帯に「銅」報道/「世界初」の技

けさから丸一日、シンクロナイズド・スイミングのデュエット、卓球の女子団体のそれぞれの銅メダル獲得が、あらゆる時間帯の情報番組、ニュースで伝えられていました。

それに午後は、甲子園で福島県代表の聖光学院が、優勝候補の一角とみられていた東邦(愛知)を5-2で破り、ベスト8入り。

家にいる時間が大半の暮らしなので、ついつい、テレビはつけっぱなしで見入ってしまいます。

160817朝日【「朝日新聞」】

きのうはきのうで、体操男子の種目別跳馬で、白井健三選手が、世界初の「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」に挑み、そのスロービデオが何度も流され、これまた感心しきり。

160817福島民友【「福島民友」】

けさの各紙にはその連続合成写真を掲載です。これまた感心しきり。

 


稲田防衛相のジブチ訪問/過去の暴言

靖国神社は、日本の過去の侵略戦争を「自存自衛の正義の戦争」「アジア解放の戦争」と正当化する宣伝センターです。「神社」の名を借りた政治運動団体です。

これまで行政改革担当相時代も含め、終戦記念日の参拝を続けてきた稲田朋美防衛相は、自衛隊部隊視察のためにアフリカ北東部のジブチを訪問中で、8月15日の参拝は見送りました。

「急ごしらえ」のジブチ訪問について、けさの「しんぶん赤旗」の署名記事です。160816ハタ・稲田ジブチ1160816ハタ・稲田ジブチ2

冒頭にある「改憲タカ派の発言」については、8月6日付けの「しんぶん赤旗」がまとめています。160804ハタ・稲田暴言1160804ハタ・稲田暴言2なお、靖国神社については、2013年12月26日2014年1月11日と書いたことがあります。ご参照いただけると幸いです。

昨年は治療のために入院して最初の化学療法直後でした。


71回目の敗戦の日/「炉心部に溶融燃料なし」が地元紙トップ記事/散歩

71回目の「敗戦の日」、購読している地元紙の1面トップ記事は「炉心部に溶融燃料なし」「第1原発1~3号機 廃炉研究機構が推定」「内部のロボ調査不可欠」というものです。

160815民友・デブリ表【「福島民友」から】

リオデジャネイロでは日本人選手の活躍が続き、4年後の東京オリンピックへ向けた話題も尽きません。「収束」の見通しすらない原発事故、被災者・避難者の暮らしの再生・再建には、東京五輪以上に意識的に目を向けてほしいと思います。DSC02597

さて、台風7号の影響もあって、向こう数日間はペロを連れだせない危うさを感じ、曇り空のもと、きょうも散歩に出ました。DSC02600

きのうは高台の住宅街から北側に降りたので、きょうは南側。DSC02606歩くたびに確認したくなる柿の木。DSC02611DSC02612 DSC02615ここの1枚の田の稲穂だけが垂れています。DSC02619これはハグロトンボ(?)